メニュー

当院の特徴

最終更新日 2019-09-06

このホームページをご覧になっているあなたは、何かしら体調に不安があるからだと思います
そんなあなたの不安が、診察室を出るときには少し軽くなっている
不安を和らげる治療を行うことが当院の特徴の一つです。
これから当院の理念と3つの特徴についてお話します

当院の理念

院長

共に生き(相生)、共に老いる(相老)、あなたに寄り添う医療
あなたの人生がより良いものになるように、相談を重ねながら一緒に生き、一緒に年齢を重ね、あなたの添え木のようなクリニックになることが目標です

不安を和らげる

あなたには3つの不安のうちどれかあるのではないでしょうか?
1つ目は病気になるのではないかという不安、2つ目は病気そのものの不安、3つ目は通院に対する不安です
これらの不安に対して当院では以下のような取り組みをしています

1.病気になるのではないかという不安

「父が糖尿病だけど自分は大丈夫か?」「親戚が肺がんになった」「あちこち痛いけどリウマチじゃないかしら?」などの不安を持っている方がいらっしゃると思います
当院ではあなたのお話をじっくりとうかがい、きちんと診察をおこない検査値を評価したうえで、ご病気と診断されれば治療を、ご病気の予備軍なら具体的な数値目標を示して生活習慣のアドバイスを行います
例えば

減塩について
尿の検査からわかる一日に摂った食塩の量を示して、何割減らしたらいいか説明します
運動について
Mets (安静時を1とした時と比較して何倍のエネルギーを消費したかわかる指標)を示しながら、続けられる運動をアドバイスします
禁煙について
薬による禁煙療法を行うときは、タバコの有害成分CO(一酸化炭素)が体にどのくらい残っているか示しながら禁煙を目指します
2.病気そのもの不安

急なご病気で「熱がある」「呼吸が苦しい」「痛い」お辛いことと思います
迅速に診断して、適切な治療を行います
例えばインフルエンザに対しては、発熱から4時間程度で診断が可能な高感度な検査機器を備えております
慢性的なご病気は、症状のないものが多いですが、将来合併症を起こす可能性があります
データを良くするだけでなく、全身を悪くしないための治療を行います
病状を図、表を使いわかりやすく説明し、相談しながら治療を進めます
精密検査が必要と考えられば、速やかに連携先にご紹介いたします

説明ABI

当院が対応できること

内科一般:
高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、片頭痛、めまい、急性上気道炎、扁桃炎(溶連菌感染を含む)、急性気管支炎、市中肺炎、長引く咳の鑑別、COPD、貧血、インフルエンザ、嘔吐下痢症、過敏性腸症候群、慢性便秘、膀胱炎、不眠、睡眠時無呼吸症候群、心房細動の抗凝固療法など
腎臓:
尿蛋白、尿潜血、慢性腎臓病、透析導入前の慢性腎不全、慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群や急性腎障害の診断など
アレルギー:
花粉症、アレルギー性鼻炎、咳喘息、気管支喘息、舌下免疫療法、アナフィラキシー予防のエピペン
東洋医学:
体質、体調により同じ病名でも薬の効き方がかわります。東洋医学と西洋医学の良いところを使い分けます
3.通院に対する不安

在宅点滴

通院ができなくなる不安

あいおいクリニックは最寄りのバス停から徒歩3分ですが、このバス停には一日に3便しかバスが来ません
体が不自由になり何時間もバスを待って通院することはとても大変ではないでしょうか
自宅介護が必要な方には、訪問診療を行います。採血、点滴、褥瘡ケアの他、腹膜透析に対応しております。
対象エリアは藤岡市内と埼玉県神川町、上里町の一部です

通院時間に対する不安

健康診断や妊婦健診で蛋白尿を指摘されても、時間がないため通院が継続できず、体調が悪くなって受診したら腎不全だった
そんな方々を何人もみてきましたので、通院しやすい環境を作ります
具体的には直接受診していただく他に、予約システムを併用することで、待ち時間を短縮します
予約は診察後に受付で予約する他、お電話、Webからも承ります

3.腎臓を守る 

日本の成人の8人に1人が慢性腎臓病(CKD)です
CKDは慢性腎不全を起こすというだけでも大変なことですが、それ以外に心筋梗塞や脳血管障害の非常に大きな原因になります
腎臓を守ることが命を守ることに繋がります
しかもCKDは健康診断の検尿で発見でき、早くから治療を行えば悪化を防げます
あいおいクリニックではCKDの予防と、早期治療に力を入れております

4.スタッフ全員 女性です

相談しやすい雰囲気を作ります
女性が多い職場の健康診断などご相談ください

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME